阿蘇のシェアバイクに乗って絶景を堪能してきた

未分類
スポンサーリンク

僕には学生時代にやっておきたいことがいくつかあります。

 

その中の一つに阿蘇に行くことがありました。

眼下に広がる広大な草原には牛や馬が放牧され、雄大な自然が広がっている。

かつての火山地帯とは思えないほどの、のんびりとした風景が阿蘇にはある。

(一部現在も活動中の山もあります)

高校生の時だったか中学生の時だったか地理の教科書で見て以来、いつかは行ってみたいと思っていた場所に行くことが叶いました。

※snapspeedで加工

 

 

教科書に出てきた草千里ヶ浜を目の前にした時、全身に鳥肌が立つほど感動しました。

阿蘇にしかない唯一無二の景色。

はるばる宮城から来たかいがありました。

 

さらに偶然にも僕が行った8月21日には、阿蘇シェアバイクの導入実験がスタートする日でした。

実験期間は8月21日から11月24日とのこと。

阿蘇の自然、電動自転車で 無料シェア実験開始へ | 熊本日日新聞
電動アシスト機能を装備したスポーツ自転車(e-bike)を貸し出して、阿蘇の自然を老若男女に体感して...

ラッキー!!

そして乗ってみて思った、これは流行る!

こんな最高な取り組みを滞在中にスタートしてくれた阿蘇に感謝!!

スポンサーリンク

草千里ヶ浜⇒阿蘇駅

当日阿蘇駅に行ってみるとなんとまだバイクが届いていないとのこと。

仕方がないので草千里ヶ浜までバスで行っちゃいます。

 

草原を散策して自転車を借りたらさっそく草千里ヶ浜から山道を下ります。

道中は

こんな最高な景色を横目に走ることができます。

 

車より視界が広く、オートバイよりのんびり下ることができる

幅も取らないので、ここで写真撮りたい!!って時にサクッと止まれる

これは自転車ならではの楽しみじゃないでしょうか。

 

阿蘇の風を思いっきり受けて走る、爽快サイクリングでした!

 

ここで一つ注意があるとすれば、風向きによって火山灰が流れてくるために、サングラスなど目を保護するものがあるといいですよ。

阿蘇駅⇒大観峰

草千里ヶ浜から下って阿蘇駅まで行った後、今度は登ってみたくなっちゃったんですね。

じゃあ今度は大観峰まで行こうと、アシストついてるし余裕で登れるだろうと、そう思ったわけです。

14.3キロ

まあ行けるっしょ!

てなノリでまず平地をずっと進む。

田んぼ沿いののどかな道です。

こんな道ならアシストを起動させなくてもすいーッと漕げちゃいます。

余裕余裕!!

 

で山道突入。

あれ?

 

なんか?

 

きつくない?

 

アシスト全開で漕いでますが、なかなかしんどい

 

それなりのスピードを出そうとすると、アシスト機能がセーブされます。

重くてキツイ。

ゆっくり走ろうとすると、ペダルを多く漕がなきゃいけず、キツイ。

 

完全なトレーニングと化しました。

漕いだら

絶景に癒されて

また漕いだら

絶景に癒されて

 

阿蘇山道の飴と鞭を受けながら、

大観峰に

到着!!

疲れを忘れる絶景でした。

阿蘇駅を出発してからおよそ1時間半、バッテリーを40%ほど消費して到着です。

 

どこを見ても絶景

どこ撮っても絵になります。

ソフトクリームがうまい!

 

忘れられない体験ができました。

正直大観峰への自転車登山はなかなか体力がいります。

ですが登る価値が十分にある最高のサイクリングでした!

 

バイクが借りられる場所・時間

シェアバイクを借りれるのは、阿蘇市内の

  • 大観峰茶店
  • 阿蘇温泉観光旅館協同組合(はな阿蘇美)
  • 阿蘇駅
  • 阿蘇火山博物館

の4つ!

 

時間は午前9時から午後5時となっています。

 

この間は何時間乗っても実験期間中は無料とのこと。

 

僕が行った8月21日には阿蘇駅にまだ自転車が届いておらず、草千里ヶ浜が目の前の、阿蘇火山博物館に借りに行きました!

借りられる自転車の種類

どんな自転車が借りられるのってことですが、

電動アシスト機能を装備したスポーツタイプの自転車です。

いわゆるe-bikeってやつ。

日本でe-bikeを借りることができるのは、阿蘇だけだそうですよ。

 

さて色々種類があったのですが、なんか強そうだったのでこれにしました。

じゃん。

めちゃくちゃカッコいい!!!!

しかも速度計のモニター付き

一体いくらするんでしょうか、、

こんなイケてる自転車がタダで借りられるなんて、、

阿蘇シェアバイク、借りたそばから最高なことに気が付きました。

 

自転車の借り方

  1. INTERSTREETアプリをダウンロード
  2. 会員登録を行う
  3. メイン画面で借りるボタンを押し、自転車についているQRコードを読み取る

自転車が解錠され利用スタート!

 

ここで一つ注意。

会員登録の際に決済方法をクレカ・現金から選択する場面がありますが、

現在はクレジットカード決済のみ利用可能とのこと!

クレカなしでは利用できませんとシェアバイクの会社の方に言われました。

 

クレジットカードちょっと前に作っといてほんとによかった、、

お金を払う必要は無いんですが、クレカなしでは現在利用できないので注意!

 

自転車の返し方

自転車は上に書いた、

  • 大観峰茶店
  • 阿蘇温泉観光旅館協同組合(はな阿蘇美)
  • 阿蘇駅
  • 阿蘇火山博物館

のどこでも返すことができます。

上の地点に行き、自転車の鍵を手動で掛けます。

そしてアプリメイン画面の返すを押せば返却完了!

 

 

 

借りる・返すが簡単で、絶景の中を走れる阿蘇シェアバイク

これは流行るだろうなってマジで思います。

ぜひ無料実験期間中にお試しください!!

未分類
スポンサーリンク
No-Limit !!

コメント